金利の高い消費者金融やクレジットカードは毎月の返済を圧迫します。それでもまだ金利の高い融資を受けるのですか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当ブログでは、金利の高いサービスをいかに返済していくか、どうすれば低金利への借り換えを行なうことができるのかを解説していきます。

まずは消費者金融でのキャッシングの極意からです。


融資を受けるといっても、
・消費者金融といわれるサービス
・ローンカードといわれるサービス
・クレジットカードによるキャッシング

大きく分けるとこの3種類となります。


その他にも自営業や事業主として仕事をしているのであれば銀行からの融資やビジネスローン、そして一生の買い物となる住宅ローンも融資を受けるという意味では同じとなります。



では消費者金融からの融資ではどうか。


通常キャッシングといえば消費者金融の即日融資となります。
その際に適用される金利は29%前後。

これは利息制限法と出資法とがある現状の法律で認められる上限ということになります。


上記の法律的な縛りは後日説明するとして、通常の融資では29%を基準にしているとなります。
そしてそれ以下で運営するのは各金融会社でのサービスの範囲内となるのです。


そこで現時点で15%や20%で貸付を行っているサービスは、あくまでもその企業でのサービスということになるのです。


即日で融資を受ける代わりに適用される金利が29%。

融資を受けるまでに2~3日必要な18%でのローンカード。


どちらが本当に得なのかということになります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。