金利の高い消費者金融やクレジットカードは毎月の返済を圧迫します。それでもまだ金利の高い融資を受けるのですか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご存知のようにクレジットカードには2種類の使い方があります。

1つはカードを利用しての買い物

そしてもう1つが、キャッシング枠を利用しての融資

通常買い物で利用する場合の金利は15%前後、そしてキャッシング枠を利用する場合の金利は28%前後となっています。

そこでクレジットカードを利用してのキャッシング枠を使っている場合、早急にローンカードなどに借り換えを行った方がいいでしょう。



よく勘違いをしている人がいますが、クレジットカードの利用目的はショッピングです。
キャッシングをするためにカードを作るのではありません。

そのため手軽に利用できるクレジットカードで融資を受けるという人が多いのですが、利用目的をはっきりとしなければ毎月無駄に手数料を支払うことになります。


クレジットカードはショッピング

キャッシングはキャッシングカード


当たり前ですが、クレジットカードでのキャッシング枠は毎月の返済を圧迫します。
元々ショッピングを目的としたサービスということもあり、適用される金利も高く毎月の返済金額も高く設定されています。

これだけは絶対に避けなければなりません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。