金利の高い消費者金融やクレジットカードは毎月の返済を圧迫します。それでもまだ金利の高い融資を受けるのですか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借り換えや一本化、通常の融資でも特に重要となることは、本当に融資を受けることができるのかということです。

これはクレジットカードでも同じで、カードを作ることができるかどうかが重要となるのです。



しかし利用する多くの方は、自ら借りられない状況を作ってしまうケースもあります。

それが、申し込みブラック、多重申し込みといわれる短期間に複数の申し込みを行う行為です。




通常融資の申し込みを行う際は、どうしても不安や焦りという感情が働き、1度に何社もの申し込みを行う場合があります。

また、融資を受けられない状況とわかっていながら無理をして、多少でもまだ可能性があるのではないかとなるケースもあります。



金融会社はボランティアではないのです。

返済が困難とわかっている状況で融資をすることはありませんし、1度に何社も申し込みを行う方に融資をすることもないのです。

スポンサーサイト
一本化というと複数ある債務を1つにまとめる事となりますが、しかしこの一本化を確実に行うにはある条件が必要となります。


それが保証人です。

保証人を用意することができなければ、今の債務を一本化することはできないでしょう。


基本的に借り換えと一本化は違います。


多少でも金利の低いサービスへ切り替えるのであれば可能となりますが、最初から300万円、500万円とある債務を一本化することはできないのです。



では不動産を利用した担保はどうか。

これも本人の名義で不動産があるのであれば別ですが、基本的に不動産を自分の名義で保有しているということも現実的な方法ではないのです。



そこで仮に一本化を行うのであれば、利用残金が200万円までと考えて下さい。
これは毎月の収入や年収にも関係していますが、平均的な会社員とするならばこの金額が上限となります。

仮にこれ以上の残金では一本化することはほぼ絶望的となります。


そして300万円、500万円と残金が残っているというケースでは、まずは細かい金額の融資を徐々に切り替えていくとなります。

時間はかかりますがこれが1番確実な方法となるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。