金利の高い消費者金融やクレジットカードは毎月の返済を圧迫します。それでもまだ金利の高い融資を受けるのですか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借り換えを行うといっても、闇雲に動いたのでは希望する金額の融資は難しいとなります。

そこで借り換えを行う際の目安を決めなければなりません。




融資を受ける金利は20%以下

逆にこれ以上の金利での融資は受けないと決めるのです。


そのためには融資を受ける際の計画的な借入れが必要となります。



間違ってもクレジットカードでキャッシング枠を利用することは控えて下さい。

これでは確実に数ヵ月後には返済が難しくなります。



そこで融資を受ける金利は20%以下となるのです。


しかしどうしても融資を受けるということであればネットローンのプリーバが基準となります。


このサービスでは最大でも23%、融資枠によっては10%以下ということもあります。


融資を受ける目安や基準として下さい。

スポンサーサイト
今回は何故借り換えを行うのか、何故借り換えが必要なのかについて解説します。


現在の貸付金利は、消費者金融といわれるサービスでは29%前後で運営しているのが現状です。

これは法律で認められている金利の上限ギリギリでの貸付ということになりますが、しかし違法ではありません。

融資を受ける側が納得して利用するのであれば、29.2%までは法律で認められているとなります。
そして毎月の返済時に、その利用者が自分の意志で返済しているとなっています。

表向きはあくまでも例外処置として認めているというのが現状です。


そこで利用する側からすれば、できれば条件の良いサービスや金利の低いサービスを受ける方が毎月の返済金額も少なく支払いに困るということもなくなるということです。



仮に100万円の融資を受けたとして、1年間に支払う利息は約30万円。

しかし先ほどの条件の良いサービスや金利の低いサービスではどうかというと10~15万円前後となります。

これはあくまでも1つの目安としてですが、金利が高ければ高いほど毎月の返済金額や支払利息も多くなるということです。



今までに消費者金融で融資を受け、1万円の返済をしてすぐにまた5千円の枠を使った経験はありませんか?

これでは何年返済したとしても元金が減ることはないのです。


そこで金利の低いサービスへの借り換えを行い計画的に毎月返済をすることが必要なのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。