金利の高い消費者金融やクレジットカードは毎月の返済を圧迫します。それでもまだ金利の高い融資を受けるのですか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借り換えや一本化、通常の融資でも特に重要となることは、本当に融資を受けることができるのかということです。

これはクレジットカードでも同じで、カードを作ることができるかどうかが重要となるのです。



しかし利用する多くの方は、自ら借りられない状況を作ってしまうケースもあります。

それが、申し込みブラック、多重申し込みといわれる短期間に複数の申し込みを行う行為です。




通常融資の申し込みを行う際は、どうしても不安や焦りという感情が働き、1度に何社もの申し込みを行う場合があります。

また、融資を受けられない状況とわかっていながら無理をして、多少でもまだ可能性があるのではないかとなるケースもあります。



金融会社はボランティアではないのです。

返済が困難とわかっている状況で融資をすることはありませんし、1度に何社も申し込みを行う方に融資をすることもないのです。

スポンサーサイト
条件の良いサービスで融資を受ける

特にキャッシングでは重要なことですが、これは個人での融資に限ったことではありません。



たとえば、自分で仕事をしている自営業、事業主ということでも、より条件の良いサービスを選択する必要があります。

また、大きな金額になればなるほど銀行からの融資は難しく、中小企業の多くは資金繰りで倒産するケースが多いのです。





そこで、できる限り柔軟な対応を行っているサービスで、条件の良いローンカードを選択する必要があります。


また、個人的に利用するのか、会社として利用するのかによっても違います。





会社として利用するのであれば、JCBビジネスローンで500万円までの低金利融資が可能です。

このサービスは、設備投資や急な資金繰りに対応したサービスに特化したローンカードとなります。



また、会社とは別に個人的にも利用するのであれば、NISグループの事業者向けローンがいいでしょう。

50万円までの即日融資から、事業資金として499万円まで可能なビジネスタイムリーも柔軟な対応となっています。




一般的に通常のキャッシングカードでは審査が難しくなるケースも多い自営業、事業主という条件ですが、逆に専門としているサービスを選択することで、初回からより条件の良い形での融資が可能となるのです。
女性専用のレディースローンというと、どうしても審査が難しくなる傾向があります。


これは毎月の収入なども関係していますし、専業主婦の方やパート、アルバイトの方が多いということもあります。

しかし、その分専用のサービスも多く、融資条件が良いサービスが多いのも事実です。


仮に融資を検討する場合、女性の方専用サービスで初回から金利も低く、条件の良いサービスを選択する必要があります。





そこで、これらの条件を満たしているとすれば、

ユニマットレディスで30日間無利息を利用しながら300万円までの融資を検討するか、

オリーブで15日間無利息を利用しながら100万円までの融資とするかとなります。




どちらのサービスも、初回から低金利で利用することも可能で、大きな金額の融資で他社の返済を行うということもできます。

また、オンラインからの審査結果や融資までの時間も短く、安心して利用できる大手のサービスといえるでしょう。

最近では即日で融資が可能で、尚且つ低金利でキャッシングが可能なサービスがあります。


それが、NISグループの即日キャッシングになりますが、このサービスでは即日で融資が可能なキャッシングカードでは珍しい低金利での融資が可能となっています。


しかも50万円までの融資では、かなり柔軟なカード発行を行っていることでも有名で、急な出費での即日融資では、このサービス以上の条件の良いサービスはないでしょう。




これは、今までの消費者金融系でのキャッシングの金利があまりにも高すぎたということもあります。

確かに、オンラインから申し込みを行えば、誰にも会わずにホンの30分~1時間程度で融資が決定し、自分の口座へ振り込みをしてもらえます。




しかし、即日で振り込んでもらう代わりに適用される金利は27%~29%前後。

正直これでは毎月の返済が難しくなるのは当然なのです。



いくら急な出費でのキャッシングだとしても、その後の返済を考えた場合、適用される金利が20%以下で無ければ、その後の生活が圧迫されていくのです。

より大きな融資を受けるためには、条件の良いローンカードを選択する必要があります。


たとえば、適用される金利が10%以下や15%以下で利用できるもの

毎月の返済金額が低く設定されているもの


最低限こういったサービスを行なっているローンカードでなければなりません。



そこで、これらの条件を満たしているとすれば、オリックスVIPローンカードが基本となります。


このサービスの1番の特徴は、融資金額や融資枠によって適用される金利が下がるということがあります。

ということは、より大きな金額の融資を受ければ受けるほど、適用される金利も低く、毎月の返済金額も抑えられるとなります。



わざわざ毎月高い金利を支払うことはないのです。

利用するサービスを変更するだけで、1年間に数万円~数十万円の違いが出るのです。

借り換えを行うといっても、闇雲に動いたのでは希望する金額の融資は難しいとなります。

そこで借り換えを行う際の目安を決めなければなりません。




融資を受ける金利は20%以下

逆にこれ以上の金利での融資は受けないと決めるのです。


そのためには融資を受ける際の計画的な借入れが必要となります。



間違ってもクレジットカードでキャッシング枠を利用することは控えて下さい。

これでは確実に数ヵ月後には返済が難しくなります。



そこで融資を受ける金利は20%以下となるのです。


しかしどうしても融資を受けるということであればネットローンのプリーバが基準となります。


このサービスでは最大でも23%、融資枠によっては10%以下ということもあります。


融資を受ける目安や基準として下さい。

ローンカードを利用するには条件があります。


それは仕事をしていること

そして正社員であること


この2つをクリアできればローンカードを利用することができます。




しかしどのローンカードでも同じということではありません。

まず金利や毎月の返済金額が低いこと、そして新規顧客の獲得に力を入れていること

これが重要となります。



特に新たなローンカードは融資を受けるチャンスでもあります。

これは通常よりも柔軟な対応となることがわかっているためで、借り換えや一本化を行うのであれば、この時期に融資を受けることが最低限の条件となります。


そしてこの条件をクリアしているローンカードでは、モビットUFJニコス マイベスト ビズの2枚。

これらのサービスでまずは融資を受ける

融資金額は多ければ多いほどとなりますが、条件によっては50万円、100万円となるでしょう。


しかしそれでも今利用しているキャッシングカードよりも毎月の返済金額は低くなります。


まずは条件の良いローンカードを利用する

利用しなければその後の増額もないのです。

一本化というと複数ある債務を1つにまとめる事となりますが、しかしこの一本化を確実に行うにはある条件が必要となります。


それが保証人です。

保証人を用意することができなければ、今の債務を一本化することはできないでしょう。


基本的に借り換えと一本化は違います。


多少でも金利の低いサービスへ切り替えるのであれば可能となりますが、最初から300万円、500万円とある債務を一本化することはできないのです。



では不動産を利用した担保はどうか。

これも本人の名義で不動産があるのであれば別ですが、基本的に不動産を自分の名義で保有しているということも現実的な方法ではないのです。



そこで仮に一本化を行うのであれば、利用残金が200万円までと考えて下さい。
これは毎月の収入や年収にも関係していますが、平均的な会社員とするならばこの金額が上限となります。

仮にこれ以上の残金では一本化することはほぼ絶望的となります。


そして300万円、500万円と残金が残っているというケースでは、まずは細かい金額の融資を徐々に切り替えていくとなります。

時間はかかりますがこれが1番確実な方法となるのです。
ご存知のようにクレジットカードには2種類の使い方があります。

1つはカードを利用しての買い物

そしてもう1つが、キャッシング枠を利用しての融資

通常買い物で利用する場合の金利は15%前後、そしてキャッシング枠を利用する場合の金利は28%前後となっています。

そこでクレジットカードを利用してのキャッシング枠を使っている場合、早急にローンカードなどに借り換えを行った方がいいでしょう。



よく勘違いをしている人がいますが、クレジットカードの利用目的はショッピングです。
キャッシングをするためにカードを作るのではありません。

そのため手軽に利用できるクレジットカードで融資を受けるという人が多いのですが、利用目的をはっきりとしなければ毎月無駄に手数料を支払うことになります。


クレジットカードはショッピング

キャッシングはキャッシングカード


当たり前ですが、クレジットカードでのキャッシング枠は毎月の返済を圧迫します。
元々ショッピングを目的としたサービスということもあり、適用される金利も高く毎月の返済金額も高く設定されています。

これだけは絶対に避けなければなりません。

今回は何故借り換えを行うのか、何故借り換えが必要なのかについて解説します。


現在の貸付金利は、消費者金融といわれるサービスでは29%前後で運営しているのが現状です。

これは法律で認められている金利の上限ギリギリでの貸付ということになりますが、しかし違法ではありません。

融資を受ける側が納得して利用するのであれば、29.2%までは法律で認められているとなります。
そして毎月の返済時に、その利用者が自分の意志で返済しているとなっています。

表向きはあくまでも例外処置として認めているというのが現状です。


そこで利用する側からすれば、できれば条件の良いサービスや金利の低いサービスを受ける方が毎月の返済金額も少なく支払いに困るということもなくなるということです。



仮に100万円の融資を受けたとして、1年間に支払う利息は約30万円。

しかし先ほどの条件の良いサービスや金利の低いサービスではどうかというと10~15万円前後となります。

これはあくまでも1つの目安としてですが、金利が高ければ高いほど毎月の返済金額や支払利息も多くなるということです。



今までに消費者金融で融資を受け、1万円の返済をしてすぐにまた5千円の枠を使った経験はありませんか?

これでは何年返済したとしても元金が減ることはないのです。


そこで金利の低いサービスへの借り換えを行い計画的に毎月返済をすることが必要なのです。

当ブログでは、金利の高いサービスをいかに返済していくか、どうすれば低金利への借り換えを行なうことができるのかを解説していきます。

まずは消費者金融でのキャッシングの極意からです。


融資を受けるといっても、
・消費者金融といわれるサービス
・ローンカードといわれるサービス
・クレジットカードによるキャッシング

大きく分けるとこの3種類となります。


その他にも自営業や事業主として仕事をしているのであれば銀行からの融資やビジネスローン、そして一生の買い物となる住宅ローンも融資を受けるという意味では同じとなります。



では消費者金融からの融資ではどうか。


通常キャッシングといえば消費者金融の即日融資となります。
その際に適用される金利は29%前後。

これは利息制限法と出資法とがある現状の法律で認められる上限ということになります。


上記の法律的な縛りは後日説明するとして、通常の融資では29%を基準にしているとなります。
そしてそれ以下で運営するのは各金融会社でのサービスの範囲内となるのです。


そこで現時点で15%や20%で貸付を行っているサービスは、あくまでもその企業でのサービスということになるのです。


即日で融資を受ける代わりに適用される金利が29%。

融資を受けるまでに2~3日必要な18%でのローンカード。


どちらが本当に得なのかということになります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。