金利の高い消費者金融やクレジットカードは毎月の返済を圧迫します。それでもまだ金利の高い融資を受けるのですか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近では即日で融資が可能で、尚且つ低金利でキャッシングが可能なサービスがあります。


それが、NISグループの即日キャッシングになりますが、このサービスでは即日で融資が可能なキャッシングカードでは珍しい低金利での融資が可能となっています。


しかも50万円までの融資では、かなり柔軟なカード発行を行っていることでも有名で、急な出費での即日融資では、このサービス以上の条件の良いサービスはないでしょう。




これは、今までの消費者金融系でのキャッシングの金利があまりにも高すぎたということもあります。

確かに、オンラインから申し込みを行えば、誰にも会わずにホンの30分~1時間程度で融資が決定し、自分の口座へ振り込みをしてもらえます。




しかし、即日で振り込んでもらう代わりに適用される金利は27%~29%前後。

正直これでは毎月の返済が難しくなるのは当然なのです。



いくら急な出費でのキャッシングだとしても、その後の返済を考えた場合、適用される金利が20%以下で無ければ、その後の生活が圧迫されていくのです。

より大きな融資を受けるためには、条件の良いローンカードを選択する必要があります。


たとえば、適用される金利が10%以下や15%以下で利用できるもの

毎月の返済金額が低く設定されているもの


最低限こういったサービスを行なっているローンカードでなければなりません。



そこで、これらの条件を満たしているとすれば、オリックスVIPローンカードが基本となります。


このサービスの1番の特徴は、融資金額や融資枠によって適用される金利が下がるということがあります。

ということは、より大きな金額の融資を受ければ受けるほど、適用される金利も低く、毎月の返済金額も抑えられるとなります。



わざわざ毎月高い金利を支払うことはないのです。

利用するサービスを変更するだけで、1年間に数万円~数十万円の違いが出るのです。

借り換えを行うといっても、闇雲に動いたのでは希望する金額の融資は難しいとなります。

そこで借り換えを行う際の目安を決めなければなりません。




融資を受ける金利は20%以下

逆にこれ以上の金利での融資は受けないと決めるのです。


そのためには融資を受ける際の計画的な借入れが必要となります。



間違ってもクレジットカードでキャッシング枠を利用することは控えて下さい。

これでは確実に数ヵ月後には返済が難しくなります。



そこで融資を受ける金利は20%以下となるのです。


しかしどうしても融資を受けるということであればネットローンのプリーバが基準となります。


このサービスでは最大でも23%、融資枠によっては10%以下ということもあります。


融資を受ける目安や基準として下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。